美容整形、ダイエット、筋トレ女子。そんな話とときどき雑談

ホノルルマラソンに向けて練習ちゅ!森ノ宮RWS!

ホノルルマラソン2018年12月9日現地時間早朝5時発。

 

 

これに備えて、

 

ちょっと遅いスタートではありますが、10月から練習を開始しだしました。(笑)

まずは何と言ってもシューズが要りますね。

 

大阪は森ノ宮駅すぐの

RunWalkStyleさん

で以下のものを購入しました

まずはなんてったって

★シューズ!

HOKAoneone(ホカオネオネと読みます)を購入。

初心者向けで、クッションが良くて、私にぴったりの感じだそうです。

このHOKA~は街履きにもいいらしく、

走らない人も買っていくほど人気な靴だそうです。(笑)実際良いです。良いノン買いました(笑)

 

★靴下

は【圧】がすごくて足の裏がいたいんで、まだ2回くらいしか履いてません。

これちょっと失敗だったかも。(笑)

YURENIKUIさんはね、

お高かったんで、小さい方にしたんだけど、これ、失敗。(笑)大きい方が良かったかと思われ。(笑)

 

続いて

★YURENIKUI

という、ウエストポーチ。これも大きいのを買えばよかったと後悔。ちょっと小さすぎます。あと、携帯も入るんですが、ここに携帯を入れてたら自分の汗で携帯が水没するほど濡れてたんで今はビニール袋に入れてからの、ポーチにスマホをイン!という非常にダサいスー玉スタイルとなっております。(笑)

 

 

とにかく、2日に1度、ほどのペースで

12月までには2時間~3時間は走れるようになってたいなぁ(距離でいうと20キロ以上は希望)

ですが、

 

私の今日現在の課題

★走るのがしんどい。(呼吸がね)

★走るのが面白くない

★いいアプリに出会えずペースや距離がわかんない(笑)

 

ですわ。(笑)

ということで

 

私はまず

長く走るコツ

を読みました(笑)なるほどなるほど。(笑)

走り始めのきつさ

体の中の内臓や筋肉が、運動モードになっていないことが原因とされています。
筋肉を動かすためには、安静時よりも大量の血液が必要です。ランニング中、筋肉に必要な酸素や血液が十分に供給されるまでの間は、苦しい・きついなどの感覚が出てきます。
しかし心臓や筋肉に十分な血液・酸素が行き渡ると、走りが急に楽になる感覚が生まれます。
ただし、走るペース・体格やその日の体調によって、この状態に行きつくまでの時間は異なります。
出典:中野ジェームズ修一、世界一痩せる走り方:サンマーク出版、98~100ページ

 

ほうほう。

 

私は走り始め15分くらいでやっと体が楽になります。(笑)

 

続いては

目からうろこの楽なランニング呼吸法

 

ふふふ(吐く)ひひひ(吸う)

 

簡単に言うたらこういう事なんですが、

これね。

 

1時間走っててやったの初めの1分から2分くらい。

 

すぐに忘れちゃう。(笑)

 

次からはもう少し長めに意識してみましょう。(笑)

そして、走るための筋トレはこちら

 

距離というか、走る時間が長くなって来たらなかなか走るのも面白くなってきましたよ。(笑)

 

 

若干のオーバーワーク気味なので今日はお休みでメンテナンスに行ってきました♪

 

それのお話はまた次回です♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です